みなさま、どうも。

「やまざき」こと山崎 一也と申します。
初代会長 広瀬23A氏、2代目会長 あるじゃぁのん氏、3代目会長 さいど☆氏に続けて、スバルオーナーズクラブ16馬力の4代目会長を務めさせていただいています。

 車って本質的にはただの機械で、人や荷物を運ぶ道具にすぎないのですが、でもそれだけじゃないですよね! そこが不思議なところ。ただのモノだけど愛情を注げるモノというか..
 楽しみ方は色々ですが、ただ走るだけじゃない。自分でいじったり、得難い経験をさせてくれたり..
 その中でも、スバルの車はSomething elseがあるというか、作り手のこだわりを感じるというか..。何かまとまりが無くて済みません。でもとにかく、いい大人が本気で車で遊ぶ大人のクラブを目指していますので、よろしくお願いします。

 車のクラブですから、自己紹介代わりと言ってはなんですが、私の車歴を披露させていただきます。

★☆ 私の車歴 ☆★

 物心ついたときに家にあった車は、スバル360でした。歳は勘定しないでくださいね。その後、家にはR2、RRのREX AIIGが2代いました。2代目のREXは、免許を取って初めて運転した車でもありました。その後しばらくバイクの方に行ってしまいましたが、21の時に初めて自分の車を持ちました。中古でしたがレオーネ4WD-RX(AB5)です。贅沢ですね。これで走り回っていて、そのうちに就職しました。

 ず〜っと乗っていれば良かったのに、時はバブル真っ盛りの頃で、国産車は280PS時代に突入。グロス110PSのパワーが物足りなくなってしまいました。この頃のスバルの主力戦闘機はAA5レオーネ4WD-RX TURBO。でも初任給で手が出る車ではないので、軽くて速くて安いダイハツのシャレードGTXX (1L 3気筒DOHC-TURBO!) に浮気しました。確かに速いけど、よく壊れる車でした (EFIパンク2回、ミッションブロー1回)。それでもがんばって4年乗っていました。燃費も8km/l以上は必ず走ったし。

 そうこうするうちにお金も少し余裕ができたし、結婚して子供もできるし、次はセダン!ということで、やっとあこがれのBC5C レガシィRSを購入しました。220PS、27.5kg・mは思ったほどのパワーではなくて、(腕がなかった!)ROM交換してしまいました。燃費は近距離通勤が主だったので、4〜6km/lと劣悪でしたが、これはこれで良かったのです。でも乗り手の問題で自爆小破2回(サイドを擦る)、追突2回、うち1回は国道でやって人身扱いで免停まで食らってしまいました。駄目ですね<自分。

 1994年(平成6年)の夏、北海道旅行でレンタカーのカローラを延々運転して帰ってきた数日後、自分の車に乗ってパワーに酔いしれていました。帰宅途中の広い道、後ろから煽ってくる車がいました。ちぎってやりました。で、前がつまってきて減速したところ、さっきの車はまだついてくる。しつこい奴だと思ったら、ミラーの中でいきなり赤灯が回り始めました。なんと蔵運の覆面でした。頭の中は真っ白、前回の免停から1年経っていなかったのです。結局は48km/hオーバー(100km/hオーバーでもおかしくなかったのです^-^;;)+前歴1回。なんとか90日免停で済みましたが、家族の反対もあるし、このままこの高性能車に乗っていると免許が完全に消失しそうだったので、泣く泣くレガシィを手放してしまいました。

 身代わりは7年落ちのGOLF (II) CLiでした。レガシィの売却金の方が5万くらい高かった。今度はペーパードライバーだった嫁さんの練習用もかねてATです。見てくれは4灯化、エアロバンパー、社外アルミ等ついていてなかなか良かったのですが、中身はひどい車でした。ブレーキは効かないし、極めつけは暑くなってきたら首都高でエンコ。渋滞してたから良かったけど、押して路肩に寄せました;-;)。修理に出しましたが、その後も毎日エンコ。ちょうど生まれたばかりの次男を乗せてこれで動くのはいやだと言うことで、半年経たずに売却しました。

 家族の安全のために、エアバック付きのちゃんとした国産の新車をと言うことで、IMPREZAスポーツワゴン1800-4WD HX-Edition L(緑の狸号)を買いました。納車は1995年(平成7年)の8月1日。ゴルフ君はあんなにぼろの7〜8年落ちで、下取り\40万がついたのにはびっくりでした。シャレードGTXXは、4年落ちで10万だったのに!。当たり前のことなのですが、壊れずに走ってくれてエアコンが効く車(ゴルフはエアコンつけると止まるのでつけられなかった..)は良いですね!!!。しかも立て付けがしっかりしていて、ハッチバックなのに社内はミシリとも言わない。でもこれは主に嫁さんの車、自分はあまり乗らずひたすら免停後1年経つのを待ってました。そして10月、晴れて免停から1年、さぁスポーツカーを!。でも1年の間に2台も車を買った後です。職場の女の子から個人売買で、7年落ちのホンダCR-X Si(白い沢庵号)を買いました。これは当たりでした。新車ワンオーナーだったし、同年式のゴルフとは大違い。さすが国産車ですね。しかも踏めば速い速い!。高速コーナーなんて宙に浮く感じで、オートバイ感覚。燃費も良くて、最低8km/l、最高17km/l。でもoffに行くには、ちょっと肩身が狭かったけど...

 でもある日、いつものコーナーを曲がっていて気付いたのです。怖い思いして必死こいて曲がっているのに、家のインプレッサはほぼ同じ速度でスーッと曲がる。そう、グラストップだったせいもあって、ボディがグニャグニャでコーナーはあかんかったのです。それでも1年半は乗りました。免許は以前が嘘のようにきれいなまま。お金も少しは貯まりました。やっぱりスバルに乗りたい!!。でもその頃出たD型インプレッサは顔が嫌いだったし、新車のType Rは高いし...。親父の代から世話になっている店で、中古のWRXを探して貰おうとしたら、運命の出会いが待っていました。C型の新古車を、50万以上の値引きで買えました^-^)v。STiバージョンにはROMチューンくらいで追いつけると思ってました(後にこれが不可能に近いことを痛感しますが)。こうして、今のスバル車2台ライフの僥倖を得ることができました。

 こうして我が家にやってきたIMPREZAハードトップセダンWRX(赤い狐号 GC8C2)ですが、この俊足狐君、BC5と元は同じ心臓ですが、中身が進歩しているのにもビックリです。シートのせいか、運転してて全然疲れない。1000kmの慣らしは5日(^-^)ゞポリポリ)で終わってしまいました。慣らしが終わった後の全開は、怖くて踏めないくらい。燃費も6km/l以上走るし。今までとは比べものにならないくらい、どっぷりと車漬けになってしまいました。その後、いい歳こいて走行会にはまって、だんだんと変貌していくのです。上(STiバージョン)を見ればきりがないのですが、これはこれで大満足です。

 そうそう、嬉しいことに今年(2000年)の1月にゴールド免許を戴きました。

 以上、長々と済みません。こんなところで、お粗末ながら挨拶に代えさせていただきます。
 

スバルオーナーズクラブ16馬力 会長 やまざき(山崎 一也)

 


戻る